「論語を現代に活かす」 時代を超えて読まれた名著

未来はすべて次なる世代のためにある

【夫れ達なる者は、質直にして義を好み、言を察して色を観、慮って以て人に下る】 Vol.301

 

子張(しちょう)問う、士は何如ぞ斯(すなわ)ち之を達(たつ)と謂う可き、と。子曰わく、何ぞ、爾(なんじ)が所謂(いわゆる)達とは、と。

子張対(こた)えて曰わく、邦に 在りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞こゆ、と。

子曰わく、是(こ)れ聞(ぶん)なり。達に非(あら)ず。夫(そ)れ達なる者は、質直(しつちょく)にして義を好み、言を察して色を観(み)、慮(おもんぱか)って以て人に下る。邦に在りても必ず達し、家に在りても必ず達す。夫れ聞なる者は、色に仁を取るも行ないは違(たが)い、之に居りて疑わず。邦に在りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞こゆ、と。(「顔淵第十二」20)

 

  (解説)

子張が尋ねた。「士はどのようなもの、それを達というのでありましょうか」と。孔子は問うた。「どのようなものか、お前が考えている達とは」と。

子張が答えた。「君侯(邦)に仕えましても、卿、大夫に仕えましても、できる男との評判が立ちますことと思います」と。

孔子は言った。「それは聞ということであって、達ではない。いったい達とは、飾り気がなく正義を好み、他者の言葉の奥を読み取り、他者の顔を通して真意を見抜き、思慮深くして他者には謙遜する。ということで、君侯においても、卿、大夫においても、達見、達識の人と尊敬される。その一方、聞とは、その人の顔つきとしては人格者の風をしているが、行ないはそうではなく、そういうあり方にであっても平気でいる。そして、君侯に仕えても、卿、大夫に仕えても、評判が高いということになっている」と。論語 加地伸行) 

 

 「達」とは中身のある名声、「聞」とは有名だが実は虚名と加地は解説する。 

 

子張は、「先進第十一」19で「善人」について問い、孔子は、「論 篤なるのみに是れ与せば、君子者か、色荘者か」という。 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

子張は、「顔淵第十二」6では、明について質問し、孔子は「明智」と「遠識」について答える。 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

  「子張」、姓は顓孫、名は師、字名が子張。孔子の弟子の一人。

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫