「論語を現代に活かす」 時代を超えて読まれた名著

未来はすべて次なる世代のためにある

【孰か微生高を直と謂う】 Vol.117

 

子曰わく、孰(たれ)か微生高(びせいこう)を直と謂う。或るひと醯(けい)を乞いたるに、諸(これ)を其の鄰(となり)に乞いて、之に与えたり。(公冶長第五 二十四)

  

(解説)

孔子の批判。誰が微生高をまっすぐな人と言ったのであろう。ある人が微生高に酢を借りに来たことがあった。わざわざ自分の隣の家から酢を借りてきて、その人に与えた。」論語 加地伸行

   

 桑原の解説がなかなか面白い。

「直」とはまっすぐであること、剛直で融通がきかぬという含みもありそうだ。この章は、微生高の行動、というよりもむしろ一つの瑣末事の意味をどうとるかに関わっている。大部分の注釈は孔子がこれを非難したものととっている。

しかし、それはおかしいのではないか。自分のところに酢がなければ隣から借りて融通してあげる、それがどこが悪いのか。隣の酢を自分のもののような顔をして融通したところで、立派ではないにしても、何も悪いことではない。そこに偽善ないし虚栄を見ようとするのは倫理主義の行き過ぎで無理である。我が家は酢がありません、ご注文には断じて応じかねます、など切り口上でいうのは愚直といえても、特にほめるべきことではない。この章に道徳的意図を無理に読み込まぬことにしたい。

私はこの章に関する限り、徂徠の説に全面的に賛成する。孔子は微笑を浮かべながらいったのだ。微生高は直だなどと世間でいうが、そんなことはない。私の家で彼のところへ酢を借りにいったら、隣の家から借りて来てすぐに用立ててくれた。いい男ですよ、世間の貼るレッテルなぞあてにならないさ。「或」はある人という意味だが、孔子ご自身ととるべきであろう。そうでなければ、こんな瑣末事が世間に知られ渡るはずがない。

 確かに、そう読むと、納得できてしまう。

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

 

 

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【旧悪を念わず。怨み是を用て希なり】 Vol.117

 

子曰わく、伯夷・叔斉は、旧悪を念(おも)わず。怨み是(ここ)を用(もっ)て希(まれ)なり。(公冶長第五 二十三)

  

(解説)

孔子の評価。伯夷・叔斉の兄弟は、かつて残念だと思ったことをいつまでも想い出したりなどしなかった。そういうわけで昔の知り人に対して恨むことが少なかった。」論語 加地伸行

   

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  
 
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【狂簡にして、斐然として章を成せども、之を裁する所以を知らず】 Vol.116

 

子 陳に在りしとき、曰わく、帰らんか、帰らんか。吾が党の小子は、狂簡(きょうかん)にして、斐然(ひぜん)として章を成せども、之を裁する所以を知らず、と。(公冶長第五 二十二)

  

(解説)

孔子が陳におられたころ、こうおしゃったられた。「帰ろうか、帰ろうか。わが郷里に残った若い弟子たちは、やたらと大言壮語し、きれいごとの理屈ばかり達者となっており、それを切り盛りして役立たせる方法がわかっていない」と。」論語 加地伸行

   

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  
 
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【邦に道有れば、則ち知、邦に道無ければ、則ち愚】 Vol.115

 

子曰わく、甯武士(ねいぶし)は邦に道有れば、則ち知、邦に道無ければ、則ち愚。其の知は及ぶ可(べ)きも、其の愚は及ぶ可からざるなり。(公冶長第五 二十一)

  

(解説)

孔子の批評。甯武士は、国がきちんと治まっていたときは、賢者として働く。逆に乱れたときは、呆けて過ごして、身を全うした。彼の賢者ぶりは誰でもまねることはできるかが、その呆けぶりは、なみの者ではなかなか。」論語 加地伸行

   

 桑原は、吉川氏の説を使い解説する。「甯武士が国使として魯の朝廷を訪れたとき、主人側が規格外れの音楽を演奏したところ、彼はそっぽを向いていた。それを注意されて、今のはリハーサルかと思った、ととぼけて相手を咎めず、その場を繕ったという逸話をあげて、孔子の評言はこれを踏まえたのではないか」

 さらに桑原は「日本は単一民族の封鎖安定社会だったので、政治の厳しさは中国ほどでなかったためか、直線型の知者は多いが、洞察と空とぼけの両面作戦のできた手練者は少なかったのでないか。日本人は「論語」を読んでも、「夕に死すとも可なり」などというところにだけ注意力を集中し、甯武士的存在を尊敬することを怠ったのではなかろうか。私は彼に匹敵する人物は誰かと考えるのだが、前田利長ぐらいしか思いつかない」という。

 

 なかなか面白い解説である。「論語」は道徳の手本であるが、人間として生きる知恵も授けてくれるということか。渋沢栄一は、「論語」とビジネス説いた。

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

 

 

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【再びせば斯ち可なり】 Vol.114

 

季文子(きぶんし)三たび思いて而(しか)る後に行なう。子之を聞きて曰わく、再びせば斯(すなわ)ち可なり、と。(公冶長第五 二十)

  

(解説)

「季文子は、三度も考えた上で実行したとのことであった。孔子は、この話をお聞きになり、「二度、考えを入れれば、それでよかろう」とおしゃった。」論語 加地伸行

   

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  
 
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【未だ知らず。焉んぞ仁なるを得ん】 Vol.113

 

子張問うて曰わく、令尹(れいいん)子文(しぶん)三たび仕えて令尹と為るも、喜ぶ色無し。三たび之を已(や)められるも、慍(うら)む色無し。旧令尹の政は、必ず以て新令尹に告ぐ。如何、と。子曰わく、忠なり、と。曰わく、仁なるか、と。曰わく、未だ知らず。焉んぞ仁なるを得ん、と。崔子(さいし)斉(せい)の君を弑(しい)す。陳文子(ちんぶんし)馬十乗(うまじゅうじょう)有り。棄てて之を違(さ)る。他邦に至れば、則ち曰わく、猶(なお)吾が大夫崔子のごとし、と。之を違る。一邦に之(ゆ)けば、則ち又曰わく、猶吾が大夫崔子のごとし、と。之を違る。如何、と。子曰わく、清なり、と。曰わく、仁なるか、と。曰わく、未だ知らざるなり。焉んぞ仁なるかを得ん、と。(公冶長第五 十九)

  

(解説)

「子張が質問した。「令尹に、闘子文は三度任命されましたが、少しも嬉しい顔をしませんでした。同じく三度、令尹を免ぜられましたが、少しも怨む気配がありませんでした。その交代の時、後任の令尹にきちんと引き継ぎました。いががなものでしょうか」と。孔子はお答えになられた。「まごころの人だ」と。「完成された人格者(仁)でありましょうか」。「いやいやどうかな。まだそこまでに至ってはおらぬ」。「崔殿が主君を弑(しい)しましたとき、同僚の陳文子は馬十乗分の富も貴い地位も棄てて他国へ行きました。そこでも、これは斉の崔大夫のしたことと同じだと言って去りました。また別のある国に至りましたときも同様のことがあり、去りました。いかがなものでしょうか」。孔子はお答えになられた。「清潔な人だ」と。「人格の完成者でありましょうか」。「いやいやどうかな。まだそこまでは至っておらぬ」。」論語 加地伸行

   

 桑原はこう解説する。「未だ知らず。焉んぞ仁なるを得ん」を「わからないね、仁とは言えまい」といった程度の語調であるかもしれないという。また、「未だ知らず」という句は、次にくる「焉んぞ仁なるを得ん」がそのままでは当たりが強すぎるので、その語調を柔らげる意味で挿入されたのではとみる。

 この二人の政治家は、それぞれ忠実ないし清潔ではあるが、仁政という見地からみると、彼らがどのように個人道徳において立派でも、社会にその恩恵が十分に行きわたっていない以上、仁とはいえない、とするのである。おのれ一人を清くする陳文子の場合は特にそうであろう。

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

 

 

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

炉辺閑話 #3 SDGsと渋沢栄一の『論語と算盤』

 

 2024年度上半期に、1万円紙幣が刷新される。その新しい1万円札の顔に渋沢栄一が採用される。2021年放送の大河ドラマ青天を衝(つ)け」の主人公は渋沢栄一。日本資本主義の父がどんなストーリ展開で描かれるか楽しみでもある。

 

 1916年、その渋沢栄一の言葉を編んだものと言われる「論語と算盤」が出版となった。この本は、「利潤と道徳の調和」を説いている。

 

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

 

 

 「論語と算盤」の最初の章にはこんな件がある。

 

実業(ビジネス)とは、多くの人にモノが行きわたるようにするなりわいなのだ

 

これが完全にならないと国のは形にならない。

 

国の富みをなす根源は何かといえば、社会の基本的な道徳を基盤とした正しい素性の富なのだ。

 

そうでなければ、

その富は完全に永続することはできない

 

 

  ここ最近、SDGsとの言葉を耳にする機会が増えた。

 2015年、国連で「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。

 このアジェンダでは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげた。

この目標が、「持続可能な開発目標SDGs)」と言われ、17の目標と169のターゲットからなる。

 

すべての人々の人権を実現し、ジェンダー平等とすべての女性と女児の能力強化を達成することを目指す...

これらの目標及びターゲットは、統合され不可分のものであり、持続可能な開発の三側面、すなわち経済、社会及び環境の三側面を調和させるものである。

 

www.un.org

 

 国連のグテーレス事務総長は、2019年のSDGsサミットで、SDGsは「公正なグローバル化を目指す」と語った。

 


アントニオ・グテーレス国連事務総長、SDGサミットでの冒頭スピーチ(2019年9月24日)

 

 渋沢は、「利潤と道徳の調和」を説く。その道徳をもとにした富が国や社会の持続性をもたらすという。道徳とは元来、普遍的なものであろう。本質的なところで変化はなくとも、その解釈は時代時代で変容するのかもしれない。

 さて、現代の道徳とは何であろうか。

論語の中心的な教えに「仁」がある。慈しみの心、忠恕、利他の心とでも解釈するのだろうか。

 「義」ばかりで、「仁」がなければ、何か、ぎすぎすとし温かみのない社会になってしまう。

 

 国連が示したSDGsでも、単に経済的な持続可能な社会を求めるのでなく、社会、環境を包含、調和して、公正かつ包摂的な社会の実現を目指すとしている。

 

 そう思うと、SDGsと渋沢の「論語と算盤」の共通性を感じる。何か相通ずるものがありそうだ。

  

 現代社会を「論語」ばかりでなく、そうした概念を取り入れながら読み解いていきたい。そんなことからでも、持続可能な社会の実現に貢献できればと思う。

f:id:dsupplying:20190930103157p:plain