「論語を現代に活かす」 時代を超えて読まれた名著

未来はすべて次なる世代のためにある

【鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん】 Vol.437

 

子 武城(ぶじょう)に之(ゆ)き、弦歌(げんか)の声を聞く。夫子(ふうし) 莞爾(かんじ)として笑いて曰わく、雞(にわとり)を割(さ)くに、焉(いずく)んぞ牛刀(ぎゅうとう)を用いん、と。子游(しゆう)対えて曰わく、昔者(むかし) 偃(えん)や諸(これ)を夫子に聞けり。曰わく、君子 道を学べば、則ち人を愛し、小人 道を学べば、則ち使い易し、と。子曰わく、二三子(にさんし)、偃の言、是なり。前言は之を戯(たわむ)るるのみ、と。(「陽貨第十七」3)

 

(解説)

孔子が武城を訪れたとき、家々から楽器に乗せて詩が歌われているのが聞こえた。孔子はにっこり笑いこう言った。「鶏を料理するのに、どうして牛刀を使うのか」と子游はこう答えた。「昔、私めは先生からこう学びました。君子 教養人は、道徳を身につけると人々を大切するようになる。小人 知識人も道徳が身につくと年長者の意見に従うようになる」と。孔子は言った。「弟子たちよ、偃君のことばはそのとおりだ。先ほどの私のことばは、冗談、冗談」と論語 加地伸行

 

  

 「子游」、姓は言、名は偃、字名が子游孔子より四十五歳年少の弟子。孔門十哲の一人。学問に秀れ、文学には子游と言われる。

 さすが孔門十哲の一人といわれだけのことがあってか、孔子子游の問答から、その優等生ぶりを垣間見るような気がする。

 

鶏(雞)を割くに焉んぞ牛刀を用いん

「小さなことを処理するために、大人物を用いたり大げさな手段を取る必要はないということ」のたとえや「適用の仕方が正しくないこと」のたとえとして用いられることわざになっている。

 

 そう言う孔子に対し、

君子 道を学べば、則ち人を愛し、小人 道を学べば、則ち使い易し

 と切り返す。

 

 「雍也第六」14では、「女人(なんじびと)を得たるか」と孔子に問われると、「澹台滅明(たんだいめつめい)という者有り」と答え、その後、孔子に「貌を以て人を取り、これを子羽に失えり」と言わしめたという。

 子羽とは、澹台滅明のこと。 dsupplying.hatenadiary.jp

 前章の賢明な人とは、ここに登場する子游のことを指すのかもしれない。

 子游が南方の強国呉、越などの防ぐ要塞である「武城」の宰になった理由がそういうところにあるのだろうか。

 また、その賢明さが故に、論語の登場回数にも影響しているのだろうか。

 

 

 人にして不仁ならば、礼を如何せん。人にして不仁ならば、楽を如何せん。(「八佾第三」3)

「礼」は規範を形に表現したものであり、音楽がそれに伴う。孔子学団の主たるカリキュラムはこの礼楽の学習だったという。

「礼節は仁の貌(表現)」であり、「歌楽は仁の和(ハーモニー)」であるという。

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 子太廟に入りて、事毎(ことごと)に問う。「八佾第三」15

 これを批判された孔子は、「是礼なり」といったという。

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 君子は本を務む。本立ちて道生ず。孝弟は其れ仁の本為るか(「学而第一」2)、

とは有子の言葉だが、学問に秀でる子游はこれらも身につけていたのだろうか。

dsupplying.hatenadiary.jp

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

【性 相近し。習い相遠し。上知と下愚とは移らず】 Vol.436

 

子曰わく、性 相(あい)近し。習い相遠し。子曰わく、唯(ただ)上知(じょうち)と下愚(げぐ)とは、移らず。(「陽貨第十七」2)

 

(解説)

孔子の教え。「人は先天的に差はない。後天的に差が生まれてくるのだ」。

孔子の教え。「天才と凡才とは、どのようにしてもその差は埋められない」。論語 加地伸行

 

 人が生まれ持っているのは本能であって、それには差がないが、その後の学習によって差が生じるということなのであろう。

「学習」とは、先生から読み聞かせられて、それを覚えこむこと「まねび」、「習」は教わったことのくりかえしの実習。つまり「学ぶ」とは知ることであり、「習う」とは知ったことを実際にやってみることと桑原は解説する。

 乳幼児期から、学問としての学習ではないにしても、学習は始まっているのだろう。それに個々の個性が生まれ、人格が形成されていくということであろうか。

上知と下愚とは移らず

 賢明な人は、悪い境遇や環境に左右され堕落することがなく、一方、愚かな者は、どんなに良い境遇や環境のもとにおかれても賢者にはなれない。

 加地は「上知」を天才と解し、「下愚」を凡才と解す。

 ならば、「天才」とはどんな境遇にあっても学習を続けることのできる人と言えるのではなかろうか。

 

 

 

 疑問があるとするなら、「賢者」「愚者」、「天才」「凡才」は生まれ持ったものなのだろうか。生まれた瞬間から始まる「学習」によって差が生まれるような気がする。

 孔子の教えに従うなら、一度身について愚かな性格も、その後の学習で、それを続けるなら変えていくこともできるということなのかもしれない。そうであっても、「気づき」があって知り得ることができるのだろうし、「理解」があるからそれを身に着け、人格を変えていくことができるのだろう。 

 dsupplying.hatenadiary.jp

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

【事に従うを好みて、亟々時を失す。知と謂う可けんや、と。曰わく、不可なり】 Vol.435

 

陽貨(ようか) 孔子を見んと欲すれども、孔子見(まみ)えず。孔子に豚(ぶた)を帰(おく)る。孔子 其の亡きを時(うかが)いて、往(ゆ)きて之を拝さんとす。諸(これ)に塗(みち)に遇(あ) う。孔子に謂いて曰わく、来たれ。予(よ) 爾(なんじ)と言わん、と。

曰わく、其の宝を懐(いだ)きて其の邦(くに)を迷わす。仁と謂う可(べ)けんや、と。曰わく、不可なり、と。事に従うを好みて、亟々(しばしば)時を失す。知と謂う可けんや、と。曰わく、不可なり。日月逝きぬ。歳 我と与(とも)ならず、と。孔子曰わく、諾(だく)。吾(われ)将(まさ)に仕えんとす、と。(「陽貨第十七」1)

 

(解説)

「陽貨は孔子に会いたいと思ったが孔子は避けた。そこで陽貨孔子の留守のとき、蒸した子豚という高価な贈りものをした。孔子は陽貨が留守のときを見計らって答礼しようとした。ところが、途中で陽貨が孔子が出会ったのである。陽貨は孔子にこう話した。「来られよ。貴殿と話し合いたいのでござる」と。

陽貨「宝を持ちながら国を混迷のままにしておられる。それは仁と言えますかな」。孔子「言えませぬな」。陽貨「政治に腕を振るいたいと思っておられながら、何度もその機会を失っておられる。それは知と言えますかな」。孔子「言えませぬな」。陽貨「時の経つの早い。歳月はわれらを待っておりませぬぞ」。孔子「承知。いずれお仕え申し上ぐ」。論語 加地伸行

 

 

「陽貨(陽虎)」、季氏の家臣であったが、実力者であり、事実上、その意向で魯国の国政が動かされていた。そのため、家臣でありながら、季氏の下の小宰や小司徒と同格、大夫なみに扱われていたという。

 その陽虎は季氏を乗っ取ろうとする事件を起すという。

 

 孔子が「陽虎」に似ていることで危機に陥ることが「子罕第九」5で描かれ、「天命」を自覚した瞬間であったように思われた。

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 陽貨に対し答礼せざるを得なかったことが発端で、孔子のその後の運命が大きく動いていくことになる。「天命」を知るきっかけが意外なところにあるということであろうか。摩訶不思議に感じたりもする。

 

「事に従うを好みて、亟々時を失す。知と謂う可けんや」、「日月逝きぬ。歳 我と与(とも)ならず」との陽貨の言葉が孔子を誘っていったのだろうか。

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

【邦人 之を称して君夫人と曰い、諸を異邦に称して、寡小君と曰う】 Vol.434

 

邦君(ほうくん)の妻、君 之を称して、夫人(ふじん)と曰う。夫人 自ら称して、小童(しょうどう)と曰う。邦人 之を称して君夫人(くんふじん)と曰い、諸(これ)を異邦に称して、寡小君(かしょうくん)と曰う。異邦人 之を称して、亦(また)君夫人と曰う。(「季氏第十六」14)

 

(解説)

「国君の妻に対して、国君は夫人と呼ぶ。夫人は自分のことを小童と言う。その国の人たちは、君夫人と呼び、外国人に対して言うときは、寡小君と呼んだ。外国の人もまた、君夫人と称した」。論語 加地伸行

 

「童」、「寡」とも謙遜を表す言葉と加地は解説する。

「童」、謙遜して幼稚という意味、「寡」、自分の徳性が寡(すく)ないという謙遜の言葉。

 

「邦人 之を称して君夫人と曰い、諸を異邦に称して、寡小君と曰う」

 「敬意」と「謙遜」

 国にあっては敬意を示し、外国に対しては謙遜する。

 もしかしたら、「外交辞令」はこういうことから生まれたのだろうか。

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

【一を問いて三を得たり。詩を聞き礼を聞き、又君子の其の子を遠ざくるを聞けり】 Vol.433

 

陳亢(ちんこう) 伯魚(はくぎょ)に問いて曰わく、子も亦(また)異聞(いぶん)有るか、と。対(こた)えて曰わく、未(いま)だし。嘗(かつ)て独り立てり。鯉(り) 趨(こばし)りて庭を過ぐ。曰わく、詩を学びたるか、と。対えて曰わく、未だし。詩を学ばずんば、以て言う無し、と。鯉 退きて詩を学べり。他日また独り立てり。鯉 趨りて庭を過ぐ。曰わく、礼を学びたるか、と。対えて曰わく、未だし。礼を学ばずんば、以て立つ無し、と。鯉退きて礼を学べり。斯の二者を聞けり、と。 陳亢 退きて喜びて曰わく、一を問いて三を得たり。詩を聞き礼を聞き、又君子の其の子を遠ざくるを聞けり、と。(「季氏第十六」13)

 

(解説)

「陳亢が伯魚にこうたずねたことがあった。「あなたは孔子から特別の教えを受けたことがありますか」と。すると伯魚がこう答えた。「いいえ。ただ、以前のことですが庭に父が独り立っておりました。私がその傍らを取っておりましたとき、「詩を学んだか」と声をかけられ、「まだ十分には」と答えますと、「詩を学ばなければ、まともな発言はできない」と教えられました。その後、私は詩を学びました。また、ある日のこと、父が独り立っておりました。私がその傍らを通っておりましたとき、「礼を学んだか」と声をかけられ、「まだ十分には」と答えますと、「礼を学ばなければ、世に出る資格がない」と教えられました。その後、私は礼を学びました。この二つのことを教えてもらっただけです」と。陳亢は退出したあと、喜んで次のように言った。「一つたずねて、三つのことを学んだ。詩の大切さ、礼の大切さ、そして孔子はその御子を特別扱いなさらなかった、この三者を学んだ」と。」論語 加地伸行

 

 

 

「伯魚」、孔子の息子。名は鯉、字名が伯魚。孔子70歳のとき、50歳で没したとされる。あまりできが良くなくて、「不才(鈍才)」とされている。

 伯魚の子が「子思(しし)」、俊才といわれ、孔子の晩年の弟子である曾子について学び、「中庸」を著わしたとされている。

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

「泰伯第八」8で、「詩に興り、礼に立ち、楽に成る」と孔子はいった。この基本を伯魚に伝えていたのだろうか。 

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

「陳亢」、孔子の弟子とされる。孔子から直接学ぶ立場になかったのだろうか。

 

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

【誠に富を以てせず、亦祗に異を以てす】 Vol.432

 

斉(せい)の景公(けいこう) 馬千駟(せんし)有り。死するの日、民 徳として称(ほ)むる無し。伯夷(はくい)、叔斉(しゅくせい)は首陽(しゅよう)の下(もと)に餓(う)う。民 今に到るまで之を称む。誠に富を以てせず、亦(また)祗(まさ)に異を以てす。其れ斯の謂いか(「季氏第十六」12)

 

(解説)

「斉国の景公は、馬四千余を有するほどの富国の君主であった。しかし、その死後、だれも人格者として賞賛する者はなかった。伯夷、叔斉の兄弟は首陽山に隠れ、餓死した。人々は彼らを今に至るまで賞賛している。彼の「人に永く賞賛されるのは実に富によるものではなくて、ふつうの人と異なるすぐれた徳行に依る」という詩句は、このことを言うのであろう」。論語 加地伸行

 

 

 

「景公」庶子が多く、世嗣(よつぎ)の太子を立てることができず、また重臣の陳氏の勢いが強く、景公の死後に、斉の国では内乱が起きるという。 

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

「伯夷、叔斉」、殷王を臣下の諸侯である周国の君主が討とうしたとき、諫めたが聞き入れられなかった。その君主は殷王紂(ちゅう)を倒して周王朝を建て、後に武王となる。その行為を二人は恥じて、首陽山に隠れ、周王朝の下でとれた食物を食べず、山菜でしのいだが餓死したという。

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

誠に富を以てせず、亦祗に異を以てす

 「顔淵第十二」10の末句にあったという説もあるようだが、この章にこの文がないと、間抜けに感ずる。

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 

 

民 今に到るまで之を称む」。

「誠に富を以てせず、亦(また)祗(まさ)に異を以てす」。

 人々が褒め称えるのは、その富ではなく、それとは異なるものにある。

 この章を、渋沢栄一の「道徳経済合一説」から考えてみると、経済的な成功は「徳行」なくして成立しないということなのかもしれない。加地が解した「ふつうの人と異なるすぐれた徳行に依る」とはうまい説明のような気がする。まさにオリジナリティ、独自性が人々の心をつかむのかもしれない。

 しかし、いつしか「徳行」が欠落し、富ばかりに目が奪われるようになっていく。それが目的化するばかりに、いつしか「自分」ということや「独自性」の大切さが薄らいでしまったのかもしれない。 

 

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

【隠居して以て其の志を求め、義を行なって以て其の道を達す】 Vol.431

 

孔子曰わく、善を見ては、及ばざるが如くし、不善を見れば、湯(とう)を探る如くす、とあり。吾 其の人を見、吾 其の語を聞けり。隠居して以て其の志を求め、義を行なって以て其の道を達す、と。吾 其の語を聞けども、未だ其の人を見ず(「季氏第十六」11)

 

(解説)

孔子の教え。「善業を見ると、とても自分は及ばない、という気持ちとなり、悪業を見ると、熱湯に手を入れるようなものと思う。そういう人物を見てきたし、そういう古語を学んだ。乱世のときには隠れ住んで自分の志を深め、道義に従って人の道を世に広める。そういう古語を私は好きだが、それを実行に移した人物と出会ったことはない」。論語 加地伸行

 

 

 

「子罕第九」13で、子貢が「斯(ここ)に美玉有らば、匱(とく)に韜(つつ)みて諸(これ)を蔵(おさ)めんか、善賈(ぜんこ)を求めて諸を沽(う)らんか」と問うと、孔子は、「之を沽らんか、之を沽らんか。我は賈(こ)を待つ者なり」と答えたことを思い出す。

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 「隠居して以て其の志を求め、義を行なって以て其の道を達す、と。吾 其の語を聞けども、未だ其の人を見ず」とは孔子自身のことなのだろうか。

  

(参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

  • 作者:加地 伸行
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫
 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫