「論語を現代に活かす」 時代を超えて読まれた名著

未来はすべて次なる世代のためにある

論語

【所信表明演説から】なぜ「新しい資本主義」なのか、それでも変わらない施策はなぜ ~ 論語の教え #17

「遠きに行くには必ず邇(ちか)きよりす」と、礼記「中庸」にある。 「順序を追って手近な事からやっていくべきである」、物事は一足とびにはできないことのたとえといわれる。 この言葉を引用して岸田首相が所信表明した。 コロナ対策を第一優先とすること…

【日本は何をやっても批判される】COP26を振り返ってため息する環境省 ~ 論語の教え #16

「日本は何をやっても批判される」。 環境省の官僚が、英国グラスゴーで開催されたCOP26 第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議を振り返り、そうため息を漏らしているそうだ。 失意のCOP26、環境省のため息: 日本経済新聞 急遽この会合に参加、スピーチだ…

またも膨大な事務費、呆れる財務相の言い訳、積極財政の弊害か ~ 炉辺閑話 #70

新型コロナの経済対策として実施される給付金でまた膨大な事務費がかかるという。 これに対して、鈴木財務相は「過去の類似事業と比べて過大な水準ではない」として、妥当だという考えを示したそうだ。 鈴木財務相“967億のクーポン事務費は過大でない”発言に…

迷走なのか、朝令暮改か、撤回された政府の水際対策 ~ 論語の教え #15

政府が、オミクロン株の「水際対策」として航空各社に求めた国際線の予約停止要請を撤回した。 国際線の新規予約、一転再開 オミクロン株の水際対策迷走 | 共同通信 朝令暮改といっていいのだろうか、感染拡大を防ぐ根幹の水際対策が迷走、わずか3日で一転…

不安募るオミクロン株とその影響 ~ 炉辺閑話 #68

国交省が、変異株オミクロン株に対する水際対策を強めるため、日本に到着するすべての国際線について新規予約を停止するよう国内外の航空会社に要請したといいます。EUでは、この変異株で重症例は確認されていないそうです。政府の迅速な対応なのか、過剰反…

批判された皇室、思いを語られた秋篠宮さま ~ 炉辺閑話 #67

伝統とは、古くからの仕来りや様式などを受け伝えることをいう。そうした伝統も時代の変遷とともに、その時代時代の雰囲気を取り入れては少しずつ変化していくのかもれない。 「皇嗣」の秋篠宮さまが誕生日を前に、記者会見され、眞子さまのご結婚の際の3つ…

【愚かな行為で、罪を天に獲る】大学を舞台にした背任と脱税 ~論語の教え #14

大学や医療、スポーツを舞台にした背任行為や脱税などの話を聞くと、やるせなくなります。事実解明が進むと、逮捕者が増えたりするのでしょうか。 《日大・田中理事長逮捕》「俺が逮捕されれば裏金のことも全部ぶちまける」“日大のドン”田中英寿理事長…

国債残高がついに1000兆円に、「入るを量りて出ずるを為す」にはならないか ~ 炉辺閑話 #66

WHO 世界保健機関が、南アフリカで検出された新型コロナウイルスの新たな変異株を「懸念される変異ウィルス(VOC)」に指定し、「オミクロン株」と命名したといいます。 WHO、南ア株を「懸念される変異株」に指定 「オミクロン株」と命名 | ロイター 「疫…

【気候変動が一丁目一番地】民間の臨時行政調査会が政府に物申す ~ 炉辺閑話 #65

「モデルチェンジ日本」という民間の研究者らでつくる臨時行政調査会が立ち上がった。元東京都知事の猪瀬氏や経営コンサルタントの冨山和彦氏、慶大教授の中室牧子氏らが参加する。デジタル化や脱炭素の実現に向けた新たな課題に取り組むための政策を提言す…

【日本の小国・後進国化を憂う】一党支配を打ち破る勢力になれるのか 立憲代表選 ~ 炉辺閑話 #64

経済産業省で「経済産業政策新機軸部会」が開催され、これまでの経済産業政策を抜本的に見直すという。「脱炭素社会」や「デジタル」、「経済安全保障」などの社会課題に応じた積極的な政策対応のあり方や人材育成のあり方などについて議論していくそうだ。 …

脱炭素の後退なのか、炭素税の導入を見送らなければならない理由があるのだろうか

「私たちの世代は先祖から地球を相続したのではなく子どもたち、またその子どもたちから借りている、託されているのです」。 「それなのに私たちは強欲さで、子どもたち、子孫の未来をめちゃくちゃにしてしまっているのです。恥ずべきことです」。 COP26に参…

ライバル激突か、テスラと上場したリビアンの競争は、マスク vs ベゾスなのか ~ 論語と算盤 #27

米国の振興EVメーカ リビアンがナスダックに上場しました。すると瞬く間に株価は上昇し、独フォルクスワーゲンを抜いて、あっという間に世界3位の価値ある自動車メーカになってしまいました。 テスラ株を買い損ねた人たちがリビアンに群がり、テスラ同様な夢…

こんな言葉まで、これがパワハラの現実なのか 三菱電機の事例 ~ 炉辺閑話 #63

何がきっかけで、転機が訪れるかはわからない。会社に入って間もないころに、上長にものすごい勢いで𠮟られたことがあった。入手したときの教育担当が芳しくない人で、時間通りに出社せず、教育という教育を受けたことなく、のほほんとしてからもしれない。 …

【なぜトヨタは誤解されるのか】COP26で発表があったゼロエミッション車とどう融合できるか 

英国グラスゴーで開催されていたCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会)で、懸案であったEVシフトに関する共同声明が発表された。 それによれば、販売される全ての新車を、主要市場で2035年までに、世界全体では2040年までにEV電気自動車などのゼロ…

COP26で涙ぐんだ議長役のシャーマ氏、あの涙は何を意味していたのだろうか ~ 論語の教え #12

COP26が閉幕しました。期日内に成果文書をまとめ上げることができず、1日延長してようやく、最終成果文書「グラスゴー気候協定」を採択できたといいます。 この会議の議長役を務めたのは、前ビジネス相でもあるアロク・シャーマ氏。最終日の全体会議で、会議…

気候正義を追求できるのか、サステナブル・ファッション・アライアンスが第1回総会を開催 ~論語の教え #11

「気候正義(クライメート・ジャスティス)」、この言葉が英国グラスゴーで開催されていた「COP26」で多用されていたという。 地球温暖化の責任がほとんどない経済弱者や若い世代が、より甚大な被害を受ける不公正な状況を是正しようと呼び掛けられているそ…

【人は見かけによらないもの】ジョンソン首相、イーロンマスク、瀬戸内寂聴さん ~ 炉辺閑話 #62

ジョンソン英首相が、COP26が開催されているスコットランドのグラスゴーへの移動に鉄道を利用したそうです。それまでの移動にCO2排出の多い航空機を利用し、「偽善」と批判されていたことを受けてのことのようです。 批判をされ、行動を改めることはいいこと…

物価上昇と人手不足が深刻な米国、日本に飛び火はないのか ~ 論語の教え #10

コロナ渦からの経済回復で、世界中で物価が上昇しています。米国は顕著で、物価上昇率が6ヶ月連続で5%を超えるといいます。供給制約と人手不足が、物価を押し上げる要因になっていて、その構図は今しばらく変わりそうにないと言われます。 その米国では、「…

気候危機に苛立つ若者に理解を示し、危機感の欠如を指摘するオバマ元大統領 ~ 炉辺閑話 #61

英国グラスゴーで開催中のCOP26で、オバマ元米大統領が登壇し、若者たちが感じる気候変動対策への「いら立ち」に理解を示し、大半の国が「パリ協定」で行った誓約を果たしていないと指摘したという。 「若者よ、怒り持ち続けろ」 オバマ氏、気候変動で活動称…

治安悪化なのか、また電車内で凶器をちらつかせる事件 ~ 炉辺閑話 #60

また電車内で刃物らしきものをちらつかせる事件があったといいます。JIJI.COMによれば、東京の地下鉄東西線の車内で、男が突然千枚通しのような工具を見せ、近くに座っていた男女に詰め寄ったそうです。さいわい乗客にけがはなかったといいます。 治安が悪化…

ガソリン高騰、増産要請したのに、なぜ、サウジ高官は「聞いていない」というのか

ガソリンが高騰を続けています。低燃費走行を心がけても焼け石に水、9週連続で値上がりし、レギュラーガソリンは170円代目前といいます。 今日11月7日は二十四節気の「立冬」です。この日が冬の始まりといいます。今年はラニーニャが出現し、寒い冬も予想さ…

【色々なCOP26】グリーンピースに批判されるトヨタ、言い訳を始める日本政府 ~ 論語の教え #9

環境保護団体グリーンピースが、COP26に合わせて主要自動車メーカーの脱炭素化の取り組みのランキングを発表した。残念ながら、日本のトヨタ自動車は最低評価になったそうだ。 トヨタ、脱炭素化で最低評価 環境団体がランキング発表:時事ドットコム グリー…

破天荒なるかな新庄剛志 日ハム新監督、「論語と算盤」でチームを導いた栗山前監督 ~ 論語と算盤 #25

新庄剛志氏が日本ハムの監督に就任し、就任会見で「プロ野球を変えていきたい」と意気込みを語ったそうだ。どんな野球をするのだろうか。 破天荒、誰もできなかったことを成し遂げることをいう。新しいプロ野球のスタイルを作ってくれるのだろうか。 前代未…

名誉か不名誉か、COP26の首相演説でまたも「化石賞」受賞 ~ 論語の教え #8

COP26 国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議が始まり、首脳級会合で世界各国のリーダーたちが演説しました。温度差が浮かびあがり、早くも暗雲が漂い始めているといいます。 気候変動対策、漂う暗雲 議長国・英の思惑外れる:時事ドットコム JIJI.COMによ…

平常を取り戻しつつある社会と凶暴な事件 ~ 炉辺閑話 #58

コロナの感染確認が東京都内で9人になったという。東京で1桁となったのは2020年5月31日以来、およそ1年5か月ぶりという。全国でも2桁に達した都道府県はなく、86人に減っているそうだ。 街に少しずつ賑わいが戻り始め、少しづつ日常が戻ってきたのだろうか。…

維新躍進という意外な選挙結果、気になる大物たちの去就 ~ 論語と算盤 #24

衆院選が終わり、結果が明らかになりました。与党、野党共闘が議席を減らし、維新が躍進との結果でした。大物議員が落選したり小選挙区で議席を失ったりと、変化を感じる選挙結果でした。 論語と算盤 昨夜のNHK大河ドラマ「青天を衝け」では、主人公の渋沢栄…

衆議院選挙始まる、#地球のために投票しよう、と呼び掛けるパタゴニア

第49回衆議院選挙が本日10月31日に行われます。アウトドア用品のパタゴニアが「地球のために投票しよう」と呼び掛けています。 10/31は衆議院議員総選挙。#地球のために投票しよう をつけて皆さんの声をお聞かせください。ツイートされた「みんなの声」はこ…

社名を変更してFacebookに批判が集まる理由 ~ 炉辺閑話 #57 【釣して網せず。弋して宿を射ず】

「山林の伐採を行うにしても、四時休むこと無く乱伐を行えば、如何なる山でもたちまち禿山となり、治水を乱すに至るは必然だ」と、自然保護につながることを渋沢栄一も説いている。 これは論語(「述而第七」26)にある「子 釣(ちょう)して綱(こう)せず…

【大いなる見栄、愚かなる虚栄】締めつけられる中国恒大と外遊するジャックマー、前澤友作氏のベーシックインカム社会実験 ~ 炉辺閑話 #56

中国政府が、比較的小規模な都市における「超高層ビル」建設に関する規制を発表したそうだ。虚栄心を満たすことが目的の建設プロジェクトを減らすのが狙いとBBCが報じている。 中国、「超高層ビル」の建設を規制 高さ250メートル超は禁止に - BBCニュース そ…

捕縛された男に、娘を嫁がせた聖人孔子の心境はどうだったのだろうか ~ 論語の教え #7

「無理を言い張る人がいるものだ」と、渋沢栄一はいいます。昔の一ト口ばなしを例ににしています。 ある男が銭湯に出かけ、湯に入らぬうちから熱いものとばかり思い込み、三助を呼んでウメてくれろと頼むと、三助は湯槽に手を突つ込んで見て、熱いどころか微…