「論語を現代に活かす」 時代を超えて読まれた名著

未来はすべて次なる世代のためにある

中華思想と多様化【夷狄の君有るは、諸夏の亡きに如かず】 Vol.48

 

 中国はとても不思議な国である。

 4000年以上も続く歴史の中で栄枯盛衰を繰り返している。そして、変わらぬ思想、文化がある。中華(夏)思想もそのひとつであろう。世界の中心は中国の天子にありとの考え。

孔子もまた中国人。こうした思想も持つことは何も不思議ではない。

中華思想があるがゆえに、対となる多様化の価値も理解できる。そんな風にこの言葉を読むことはできないだろうか。

 

 子曰わく、夷狄の君有るは、諸夏(しょか)の亡きに如かず。(八佾第三 五)

  

(意味)

「野蛮人にも首長はあるけれども文化水準が低く、とうてい中国の君主なき状態にも及ばない。」(論語 加地伸行

 

 桑原は、以下のように解説する。

孔子の教えの中心は文明の尊重にある。その文明の基本は礼楽の尊重とその実践にあるが、もともとリチュアル(儀式)とはそれぞれの種族の特殊な生活形態の核から生じるものであるから、他種族には感得、理解を絶する面をもっている。したがってこれにあまり執着して、中華思想」におちいることは他種族との間の平和を乱す恐れもあるのだが、孔子はそうした国際政治までは考えなかったのだろう。孔子としては礼楽を中心とした秩序ある国を中国に復活せしめたい、たとえいま魯の昭公が七年間も国外に亡命しなければならなかったというような、君亡き状態におちいっているにしても、あくまでも先王の道は不滅であり、自信を失ってはならない、と弟子およびみずからをはげましたのであろう。

 

中華思想」はいつしか中国のDNAになった。今の中国をみてそう思う。

 

f:id:dsupplying:20190920052324j:plain

 

 (参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

 

 

論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。