「論語を現代に活かす」 時代を超えて読まれた名著

未来はすべて次なる世代のためにある

【君子は上達し、小人は下達す】 Vol.357

 

子曰わく、君子は上達(じょうたつ)し、小人は下達(かたつ)す。(「憲問第十四」23)

 

  (解説)

孔子の教え。「教養人は根本や全体がわかる。知識人は末端かや部分について知っている」。論語 加地伸行

 

「上」には本(もと)、あるいは道徳という意味がある

「下」には末(すえ)、または財産や利益のことをいう。

 

 孔子は子夏に、「女(なんじ)君子儒と為れ、小人儒と為る無かれ」(「雍也第六」13)と言った。

「君子の儒」とは天下の事に責任をもち、民が安んずる志を持つもの。

「小人の儒」とは自分一身を善くするにとどまって、社会的影響を持ちえぬ者のこと。

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 

「君子は坦(たん)たらんとして蕩蕩。小人は長たらんとして戚戚(せきせき)たり」(「述而第七」36)

との言葉もある。 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

「君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る」(「里仁第四」16)との言葉もあった。

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

「君子の徳は風なり、小人の徳は草なり」。

「草 之に風を上(くわ)うれば、必らず偃(ふ)す」(「顔淵第十二」19)

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

 有若の言葉だが、「君子は本を務む。本立ちて道生ず。孝弟は其れ仁の本為るか」 (「学而第一」2)とある。

 

dsupplying.hatenadiary.jp

 

「君子は上達し、小人は下達す」

「下意上達」、「上位下達」という言葉にも通じるのであろうか。 

 

 (参考文献)  

論語 増補版 (講談社学術文庫)

論語 増補版 (講談社学術文庫)

 
論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

  • 作者:桑原 武夫
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫